ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ギフテッド基礎知識 by Dr. Webb | main | 完璧主義を味方にしよう >>
2017.09.10 Sunday

SEMの基礎中の基礎知識

夏にとったコースの課題で全校拡充モデル(SEM)を簡単に紹介する記事を書きました。

ようやく訳す時間がとれたのでシェアしたいと思います。

記事では簡単にまとめて説明していますが、これはSEMという氷山の一角であり、私自身まだ全然きちんと理解できていません。

理解できていませんが、基礎の中の基礎知識ということで、まとめてみました。

**********


A brief introduction of the SEM program
~ Gifted education for all students ~

by EmbracingGiftedMinds

The Schoolwide Enrichment Model (SEM) is a curriculum model developed by Dr. Joseph S. Renzulli and his colleagues at the University of Connecticut. Having spent decades of researching and testing, they have developed the SEM for all students in a regular classroom. It is based on the idea of the “Three Es of the SEM - enjoyment, which leads to higher engagement, which in turn leads to greater enthusiasm for learning.” (Renzulli & Reis, 2014) The research shows that students learn better and achieve more when the Three Es are present. The curricular basis for the SEM is three types of enrichment. Type I enrichment is to expose all students to various topics. Activities include field trips and guest speakers. Type II enrichment is also for all students to train skills such as creative problem-solving and critical thinking skills while exploring a problem further in groups. Type III enrichment is for highly committed students from the talent pool to investigate real problems as practicing professionals would. Although Type III enrichment is not for all, students who strongly wish to pursue their projects will be allowed to do so. As you can see, the goal of the SEM is to include as many students as possible, and to help them develop their talents and become creative producers.

References
Renzulli, J. S. & Reis, S. M. (2014). The Schoolwide Enrichment Model (3rd ed.). Waco, TX: Prufrock Press. ISBN-13: 978-1-61821-164-4


【説明つき訳】
全校拡充モデル(Schoolwide Enrichment Model 以下SEM)とはコネチカット大学のレンズーリ教授らが開発したカリキュラム・モデルです。レンズーリ教授らは数十年に渡りリサーチとテストを重ね、当初はギフテッド認定された生徒のみが対象だったプログラムを、すべての生徒が教室内で受けられるよう発展させました。SEMは "学びに対するEnjoyment(楽しみ)はEngagement(没頭)へと繋がり、さらに強力なEnthusiasm(熱中)へと発展していくという3Esの概念" (Renzulli & Reis, 2014)を基盤にしています。この3Esがうまく機能していると、生徒の学習力はより高まり、より良い成績や結果をおさめることが調査報告で明らかにされています。

SEMはType1、Type2、Type3という3つのタイプのエンリッチメントから成り立っています。Type1エンリッチメントは、すべての生徒にありとあらゆる物事を見せる、体験させる、体感させる拡充学習です。美術館や博物館、工場見学などの社会見学、本やドキュメンタリー映画、ゲストスピーカーを招いてのディスカッションなどがType1のアクティビティに含まれます。Type2エンリッチメントもすべての生徒を対象にしており、創造的問題解決能力や批判的思考力、理論的思考力(等々)さらには効果的なリサーチの仕方やインタビューの仕方、プレゼンの作り方など、実践的かつ具体的なスキルを、少人数のグループで課題を共に探究しながら学んでいきます。Type3エンリッチメントは(すでに各学校で選抜された)タレントプール(いわゆるギフテッドプログラム)の生徒が本気のプロフェッショナルに徹して "本物の問題" を探究していく拡充学習です。それぞれのテーマ課題にコミットする強い意思とやり抜く意欲(task commitment)が問われ、タレントプールの子達でも辞退する自由があると同時に、タレントプールに属していない生徒でも、そのtask commitmentが認められた場合は受けることができます。

可能な限り多くの子達にエンリッチメント教育を受ける機会を与え、それぞれの才能を伸ばし、より多くのクリエイティブな人材を育てることがSEMのゴールです。

Reference
Renzulli, J. S. & Reis, S. M. (2014). The Schoolwide Enrichment Model (3rd ed.). Waco, TX: Prufrock Press. ISBN-13: 978-1-61821-164-4





EGMブログにご訪問ありがとうございます。
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album