ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Overexcitabilitiesのマネージメント | main |
2018.08.01 Wednesday

訃報

アメリカのギフテッド界の大御所、とくにソーシャル&エモーショナルのパイオニアであるDr. Webbが、7月27日に亡くなられたと昨夜SNSで知り、ひどくショックを受けています。

個人的にお話などしたことはないのですが、アメリカのギフテッド&2e情報を書かれているあーちゃんママさんのブログからDr. Webbの存在を知り、そこから本や記事を読み始め、去年はサンディエゴでのカンファレンスや息子の学校でDr. Webb直々のプレゼンを聞く機会に恵まれ、その穏やかなお人柄に「あぁ、この教授のもとで学べたらなんて素晴らしいだろうか・・・」と思ったのでした。

この夏、つい先日ですが、Dr. Webbが立ち上げられたSENGのカンファレンスが偶然にもサンディエゴで開かれていて、参加しようかどうしようか最後まで迷っていたんですよね。

でも今夏は大学院のカンファレンスでもあるConfratuteというのにも参加してきたばかりで、さすがに疲れていたし、経済的にも厳しかったので、またの機会にしようと最終的にあきらめたのでした。

こんなことなら無理してでも参加すればよかった、、、と悔やまれてなりません。

こちらやNAGCなどのSNSで、アメリカのみならず世界中から弔辞が書きこまれていて、それらを読みながら、Dr. Webbがいかにinfluentialであったか又いかに敬愛されていたかを感じ、ますます悲しくなってきてしまいました。

UConnの教授らもコメントされていましたが、皆さん、心理面、教育面、と同じギフテッド界のなかで専門分野は違うながらも、ギフテッド&2eの子ども達(&アダルト)の理解と支援が進むよう切磋琢磨されてきた同志なんだな・・・と改めて痛感もした次第です。

82歳のレンズーリ教授を含め、大御所の皆さんが結構なお年ですから、いつ誰に何があってもおかしくないよね・・・と大学院の仲間達と話していた矢先の訃報でした。

頭ではわかっていても、ショックは軽減されないものなんですね・・・

心からご冥福をお祈りいたします。



コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album