ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Type 2 Enrichment | main | Type 3 Enrichment(続き) >>
2018.02.02 Friday

Type 3 Enrichment

夏学期2017年の復習、夏学期2018年の予習を兼ねて、Free Semesterである春学期はSEMについての理解を深めたいと思いました。

故にしばらくSEMの記事が続きます。

このブログ記事の参考資料は、コネチカット大学大学院で受けたコースの内容&教科書、教授らの口頭による講義やクラスメイトらとのディスカッションなどで得た情報を個人的にメモしたもの、NCR/GEで公開されているリソースです。


++++++++++


【The Enrichment Triad Model】拡充三つ組モデル

SEMのカリキュラム・ベースとして使われている。
教室内で行う拡充学習モデル。

Source: The National Center for Research on Gifted Education (NCR/GE)
Retrieved from gifted.uconn.edu




《Type 3 Enrichment》個人/少人数による現実の問題の探求



[大まかな概要]
- タレント・プールの生徒が対象。
- メンターのもと、個人または少人数で、1年かけて探求。
- 探求課題は生徒が決める。(生徒主体)
- プロ意識を持ってreal problem(現実の問題)の探求、探索にあたる。
- 最後に必ずプロジェクトの発表の場を設ける。




EGMブログにご訪問ありがとうございます。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album