夏学期2017年の復習、夏学期2018年の予習を兼ねて、Free Semesterである春学期はSEMについての理解を深めたいと思いました。

故にしばらくSEMの記事が続きます。

このブログ記事の参考資料は、コネチカット大学大学院で受けたコースの内容&教科書、教授らの口頭による講義やクラスメイトらとのディスカッションなどで得た情報を個人的にメモしたもの、NCR/GEで公開されているリソースです。


++++++++++


【The Enrichment Triad Model】拡充三つ組モデル

SEMのカリキュラム・ベースとして使われている。
教室内で行う拡充学習モデル。

Source: The National Center for Research on Gifted Education (NCR/GE)
Retrieved from gifted.uconn.edu




《Type 3 Enrichment》個人/少人数による現実の問題の探求



[大まかな概要(続き)]
- 高度な学びとなるため、基本はタレント・プールに所属している生徒が対象。
- 平均以上の能力と同等にコミットする強い意思が必要。
- タレント・プールに所属していない生徒も強い意思が認められれば挑戦可能。
- 下の3Esの理念に基づき、コミットする意思のないタレント・プールの生徒には強要しない。

+++++

Source: From The Schoolwide Enrichment Model: A Vision and a Plan. The “Why” of Schoolwide Enrichment. By Renzulli, J. S., & Reise, S. M. Published by Prufrock Press Inc.

The Three Es

- SEMは "学びに対するEnjoyment(楽しみ)はEngagement(没頭)へと繋がり、さらに強力なEnthusiasm(熱中)へと発展していくという3Esの概念" (Renzulli & Reis, 2014)を基盤にしている。
- この3Esがうまく機能していると、生徒の学習力はより高まり、より良い成績や結果をおさめることが調査報告で明らかにされている。
- レンズーリ教授らは数十年に渡りリサーチとテストを重ね、当初はギフテッド認定された生徒のみが対象だったプログラムを、すべての生徒が教室内で受けられるよう発展させた。

[ポイント]
SEMは、この3Esの理念に基づき、Type 3 Enrichmentへの参加を(タレント・プールの生徒であっても)強制しない。




EGMブログにご訪問ありがとうございます。

夏学期2017年の復習、夏学期2018年の予習を兼ねて、Free Semesterである春学期はSEMについての理解を深めたいと思いました。

故にしばらくSEMの記事が続きます。

このブログ記事の参考資料は、コネチカット大学大学院で受けたコースの内容&教科書、教授らの口頭による講義やクラスメイトらとのディスカッションなどで得た情報を個人的にメモしたもの、NCR/GEで公開されているリソースです。


++++++++++


【The Enrichment Triad Model】拡充三つ組モデル

SEMのカリキュラム・ベースとして使われている。
教室内で行う拡充学習モデル。

Source: The National Center for Research on Gifted Education (NCR/GE)
Retrieved from gifted.uconn.edu




《Type 3 Enrichment》個人/少人数による現実の問題の探求



[大まかな概要]
- タレント・プールの生徒が対象。
- メンターのもと、個人または少人数で、1年かけて探求。
- 探求課題は生徒が決める。(生徒主体)
- プロ意識を持ってreal problem(現実の問題)の探求、探索にあたる。
- 最後に必ずプロジェクトの発表の場を設ける。




EGMブログにご訪問ありがとうございます。

夏学期2017年の復習、夏学期2018年の予習を兼ねて、Free Semesterである春学期はSEMについての理解を深めたいと思いました。

故にしばらくSEMの記事が続きます。

このブログ記事の参考資料は、コネチカット大学大学院で受けたコースの内容&教科書、教授らの口頭による講義やクラスメイトらとのディスカッションなどで得た情報を個人的にメモしたもの、NCR/GEで公開されているリソースです。


++++++++++


【The Enrichment Triad Model】拡充三つ組モデル

SEMのカリキュラム・ベースとして使われている。
教室内で行う拡充学習モデル。

Source: The National Center for Research on Gifted Education (NCR/GE)
Retrieved from gifted.uconn.edu




《Type 2 Enrichment》集団訓練の活動



[大まかな概要]
- 具体的なスキルを学ぶ。
- 批判的思考、創造的思考、問題解決能力、インタビューやリサーチ、データ分析の仕方、論文の書き方、効果的なプレゼン作成などなど。
- 学校ではwhatを学ぶことに比重を置くが、ここではhowを学ぶ。
- すべての生徒が対象。




EGMブログにご訪問ありがとうございます。

夏学期2017年の復習、夏学期2018年の予習を兼ねて、Free Semesterである春学期はSEMについての理解を深めたいと思いました。

故にしばらくSEMの記事が続きます。

このブログ記事の参考資料は、コネチカット大学大学院で受けたコースの内容&教科書、教授らの口頭による講義やクラスメイトらとのディスカッションなどで得た情報を個人的にメモしたもの、NCR/GEで公開されているリソースです。


++++++++++


【The Enrichment Triad Model】拡充三つ組モデル

SEMのカリキュラム・ベースとして使われている。
教室内で行う拡充学習モデル。

Source: The National Center for Research on Gifted Education (NCR/GE)
Retrieved from gifted.uconn.edu




《Type 1 Enrichment》一般的探索の活動



[大まかな概要]
- すべての生徒が対象。
- グループで行う拡充学習。
- 学校教育ではカバーされない様々な世界を見せるのが目的。
- 本や映画、ドキュメンタリー、ゲストスピーカー、レクチャー、社会見学など。
- 多く紹介すればするほど生徒たちの将来の選択肢が増える。




EGMブログにご訪問ありがとうございます。

夏学期2017年の復習、夏学期2018年の予習を兼ねて、Free Semesterである春学期はSEMについての理解を深めたいと思いました。

故にしばらくSEMの記事が続きます。

このブログ記事の参考資料は、コネチカット大学大学院で受けたコースの内容&教科書、教授らの口頭による講義やクラスメイトらとのディスカッションなどで得た情報を個人的にメモしたもの、NCR/GEで公開されているリソースです。


++++++++++


【The Enrichment Triad Model】拡充三つ組モデル

SEMのカリキュラム・ベースとして使われている。
教室内で行う拡充学習モデル。

Source: The National Center for Research on Gifted Education (NCR/GE)
Retrieved from gifted.uconn.edu



【対象】
Type 1=すべての生徒
Type 2=すべての生徒でも可
Type 3=タレント・プールの生徒&ヤル気のある生徒*

注*)ヤル気のある生徒とは、タレント・プールには入っていないが、最後までやり抜く強い意思と動機、コミットメントが面談で認められた生徒である。

【SEMのタレント・プール選別方法】
- 能力、達成度、教師の評価や推薦、自薦など様々な要素を参考。
- すでにギフテッド認定されている生徒は、そのevaluationも参考に。
- 学校人口のトップ15-20%ほど。
- テストでは判断できない能力は作品やポートフォリオで判断。
- 最終判定に迷った場合はタレント・プールに入れる。




EGMブログにご訪問ありがとうございます。

夏学期2017年の復習、夏学期2018年の予習を兼ねて、Free Semesterである春学期はSEMについての理解を深めたいと思いました。

故にしばらくSEMの記事が続きます。

このブログ記事の参考資料は、コネチカット大学大学院で受けたコースの内容&教科書、教授らの口頭による講義やクラスメイトらとのディスカッションなどで得た情報を個人的にメモしたもの、NCR/GEで公開されているリソースです。


++++++++++


SEMとはSchoolwide Enrichment Modelの略。
Schoolwide(全校) Enrichment(拡充) Model(モデル)。
“セム” ではなく “エス・イー・エム” と発音。


【特徴】
インクルーシブ。(すべての子の才能を伸ばすためのギフテッド教育=才能教育)
どの学校のどんなカリキュラムにも組み込める柔軟なモデル。
どの子にも伸ばすべき何かしらの才能がある、という理念。
創造的生産者(creative producer)を世に輩出するのが教育目標。


【SEMの全貌】
Source: The National Center for Research on Gifted Education (NCR/GE)
Retrieved from gifted.uconn.edu


何十年もの研究とテストを重ねて開発されたカリキュラム・モデル。


【対象者】
基本的にはすべての生徒。
ただし例外(Type 3 Enrichment)もある。
上の例外のプログラムを受けられる生徒は基本タレント・プールの生徒。


【ギフテッドの選別方法】
《一般的なギフテッド・プログラム選別方法》
- 州や学区によって異なる。(例)トップ3~5%、IQ130以上など。
- 最近はIQ、達成度、成績、教師の推薦など多面的に判断するプログラムが増えた。
- タレントサーチではSATなどを使用する場合が多い。
- 基準に達していなければギフテッド・プログラムに入れない。

《SEMのタレント・プール選別方法》
- 能力、達成度、教師の評価や推薦、自薦など様々な要素を参考。
- すでにギフテッド認定されている生徒は、そのevaluationも参考に。
- 学校人口のトップ15-20%ほど。
- テストでは判断できない能力は作品やポートフォリオで判断。
- 最終判定に迷った場合はタレント・プールに入れる。




EGMブログにご訪問ありがとうございます。
夏にとったコースの課題で全校拡充モデル(SEM)を簡単に紹介する記事を書きました。

ようやく訳す時間がとれたのでシェアしたいと思います。

記事では簡単にまとめて説明していますが、これはSEMという氷山の一角であり、私自身まだ全然きちんと理解できていません。

理解できていませんが、基礎の中の基礎知識ということで、まとめてみました。

**********


A brief introduction of the SEM program
~ Gifted education for all students ~

by EmbracingGiftedMinds

The Schoolwide Enrichment Model (SEM) is a curriculum model developed by Dr. Joseph S. Renzulli and his colleagues at the University of Connecticut. Having spent decades of researching and testing, they have developed the SEM for all students in a regular classroom. It is based on the idea of the “Three Es of the SEM - enjoyment, which leads to higher engagement, which in turn leads to greater enthusiasm for learning.” (Renzulli & Reis, 2014) The research shows that students learn better and achieve more when the Three Es are present. The curricular basis for the SEM is three types of enrichment. Type I enrichment is to expose all students to various topics. Activities include field trips and guest speakers. Type II enrichment is also for all students to train skills such as creative problem-solving and critical thinking skills while exploring a problem further in groups. Type III enrichment is for highly committed students from the talent pool to investigate real problems as practicing professionals would. Although Type III enrichment is not for all, students who strongly wish to pursue their projects will be allowed to do so. As you can see, the goal of the SEM is to include as many students as possible, and to help them develop their talents and become creative producers.

References
Renzulli, J. S. & Reis, S. M. (2014). The Schoolwide Enrichment Model (3rd ed.). Waco, TX: Prufrock Press. ISBN-13: 978-1-61821-164-4


【説明つき訳】
全校拡充モデル(Schoolwide Enrichment Model 以下SEM)とはコネチカット大学のレンズーリ教授らが開発したカリキュラム・モデルです。レンズーリ教授らは数十年に渡りリサーチとテストを重ね、当初はギフテッド認定された生徒のみが対象だったプログラムを、すべての生徒が教室内で受けられるよう発展させました。SEMは "学びに対するEnjoyment(楽しみ)はEngagement(没頭)へと繋がり、さらに強力なEnthusiasm(熱中)へと発展していくという3Esの概念" (Renzulli & Reis, 2014)を基盤にしています。この3Esがうまく機能していると、生徒の学習力はより高まり、より良い成績や結果をおさめることが調査報告で明らかにされています。

SEMはType1、Type2、Type3という3つのタイプのエンリッチメントから成り立っています。Type1エンリッチメントは、すべての生徒にありとあらゆる物事を見せる、体験させる、体感させる拡充学習です。美術館や博物館、工場見学などの社会見学、本やドキュメンタリー映画、ゲストスピーカーを招いてのディスカッションなどがType1のアクティビティに含まれます。Type2エンリッチメントもすべての生徒を対象にしており、創造的問題解決能力や批判的思考力、理論的思考力(等々)さらには効果的なリサーチの仕方やインタビューの仕方、プレゼンの作り方など、実践的かつ具体的なスキルを、少人数のグループで課題を共に探究しながら学んでいきます。Type3エンリッチメントは(すでに各学校で選抜された)タレントプール(いわゆるギフテッドプログラム)の生徒が本気のプロフェッショナルに徹して "本物の問題" を探究していく拡充学習です。それぞれのテーマ課題にコミットする強い意思とやり抜く意欲(task commitment)が問われ、タレントプールの子達でも辞退する自由があると同時に、タレントプールに属していない生徒でも、そのtask commitmentが認められた場合は受けることができます。

可能な限り多くの子達にエンリッチメント教育を受ける機会を与え、それぞれの才能を伸ばし、より多くのクリエイティブな人材を育てることがSEMのゴールです。

Reference
Renzulli, J. S. & Reis, S. M. (2014). The Schoolwide Enrichment Model (3rd ed.). Waco, TX: Prufrock Press. ISBN-13: 978-1-61821-164-4





EGMブログにご訪問ありがとうございます。
1